ホーム痛みの少ない治療

文字サイズ

  • 中
  • 大

極力痛みを抑えた治療をご提供します

過去に歯の治療で痛みを感じ、つらい思いをされた方もいらっしゃるでしょう。原宿の歯医者「原田デンタルオフィス」では、塗るタイプの表面麻酔、神経からあご全体に効く伝達麻酔、極細の注射針を用いた麻酔、神経を残すNEW3Mix法など、痛みが少ないさまざまな治療を実施しています。「歯医者は痛いから苦手」という方にこそおすすめいたします。

痛みを抑えるための取り組み

痛みは個人差が大きいため、スタッフが患者様一人ひとりにきめ細やかに対応し、治療時の痛みを抑えるように配慮しています。

表面麻酔

麻酔のときの「チクっ」とする痛みが苦手な方も多いものです。当院では、歯ぐきに塗るタイプの麻酔薬を用いて、注射針による痛みを軽減しています。このタイプの麻酔薬は表面麻酔と言い、歯ぐきに直接塗り、薬剤が浸透するのを待ちます。

丁寧に表面麻酔を行うことで、あの不快な「チクっ」とした痛みを感じることはありません。「いつ麻酔されたのかわからなかった」と、多くの患者様からご支持をいただいている麻酔法なのです。

極細の注射針

当院で使用する麻酔には、歯科治療に用いられる注射針の中で最も細い33Gの注射針を使用しています。これは、0.5mmのシャープペンシルの芯よりも細く、製図用の0.3mmよりも細い、極細の注射針です。

注射針が「チクっ」と刺さると、歯ぐきの表面に分布している痛点を針が通過するとき、患者様は痛みを覚えるのです。注射針が太ければ太いほど、針が通過する痛点は多く、多大な痛みを感じることになります。当院では、表面麻酔に合わせてこの極細注射針を用いて、患者様の痛みを極力抑えています。

伝達麻酔(局所麻酔)

下の奥歯(大臼歯)を治療する際、骨の密度が高いため、通常の麻酔が効きにくいことがあります。そのような場合、当院では伝達麻酔を用います。これは、あごに通じる神経がある部分(下顎孔)から、下の歯全体に効くように麻酔を打つ方法です。

伝達麻酔では歯と歯ぐきのみならず、麻酔した側の頬や舌、唇も痺れてしまいますが、何本かの下の奥歯を同時に治療する際、痛みを感じないというメリットがあります。

NEW3Mix法

従来、虫歯の治療では悪くなった部分をすべて削り取っていました。とくに、深く進行した虫歯の場合、歯の神経を抜くことになり、治療には強い痛みを伴っていました。しかし、現在ではNEW3Mix法により、歯の神経を残して削る部分を最小限に抑えることが可能です。

NEW3Mix法とは、虫歯を必要最小限削った後に消毒し、そこに3種類の薬剤を塗って詰める痛みのない治療です。3種類の抗生剤が歯の内部に浸透し、虫歯の原因菌を除去するので、従来は抜かねばならなかった神経を、NEW3Mix法なら温存することができます。歯は神経を抜くともろくなり折れやすくなるので、神経を残すことは歯の健康にとても大切なのです。

きちんとした説明

歯科治療の際、「いったい今、何をされているのだろう」と思うと、患者様の痛みは不安により増幅されてしまいます。当院では患者様にリラックスしていただくため、「これからここを、このように治療していきますよ」というように、丁寧な説明を行っています。スタッフからの説明をご理解いただき、不安のない状態で治療にのぞんでいただければと思います。

  • 予診票
予診票と初診カウンセリングシートにあらかじめご記入の上、来院時に持参していただくと待ち時間が少なくて済み、診療がスムーズに進みます。どうかご協力をお願いいたします
  • 原宿・表参道|診療予約|原田デンタルオフィス